再生可能エネルギーを
皆さまのもとへお届けする

事業の目的・背景

福島送電株式会社は、「福島イノベーションコースト構想」、「福島新エネ社会構想」に基づき、福島県沿岸部及び阿武隈山地における共用送電線網の建設・運営を担う事業会社として設立されました。

2020年1月より、共用送電線網の一部竣工を受けて、再生可能エネルギー発電事業者と一般送配電事業者との間をつなぐ送電事業を開始いたします。

当社は、これからも、福島県の復興の後押しとして、福島を「再生可能エネルギー先駆けの地」 とすべく、再生可能エネルギー導入拡大に向けた共用送電線網の整備を進めてまいります。